松井選手が引退を発表しましたね。ほんと20年間お疲れ様でした。
巨人で10年、大リーグで10年、最後は体がボロボロでしたけど、立派な決断だと思います。
常にチームの勝利ために命がけで全力をつくすという姿勢、そして全力がつくせなくなったということでの潔い身の引き方 大リーグに挑戦し、ちょっと通じなかったくらいですぐに日本球界に復帰する選手が多い中、すがすがしい思いになりました。

引退会見を聞きながら、ふと思い出したのが、この本です。
「信念を貫く」 ステキな言葉です。
実は、この本、前職時代にお世話になった社長が会社を去る際にプレゼントした本です。
その社長は、今は別の会社の社長としてまさに信念を曲げずに頑張っていらっしゃいます。

私も松井選手と同じく20年でサラリーマン生活に終止符を打ち、新たな活動を始めたわけですが、会見とこの本を思い出しながら、2013年新たな気持ちで 「信念を貫くぞ」と強く感じさせてくれました。