2019年版中小企業白書に開業率と廃業率の記載があります。

2017年度の開業率は、5.6%、廃業率は、3.5%となっています。

グラフ形状は、2010年以降、開業率は、右肩上がり、廃業率は、右肩下がり の状況です。

政府は、アメリカ並みの10%の開業率を目指すと言っていますが、まだまだですね。

ただ廃業率は、先進国内でも最も少ないので、事業所数は、純増(?)ということでしょうか。

ちなみに先進国で開業率が高いのはフランスの13.2%となっています。

各国で計算根拠が異なるので、一概に比べられませんが、日本の開業率の低さは間違いなさそうです。