経営強化法
7月1日から「中小企業等経営強化法」が施行されました。
主な内容は、
1.事業を所管する大臣(省庁)から「事業分野別指針」が発表される。
2.その指針に従って、中小企業等が「経営力向上計画」を策定する。
3.計画の認定を受けると支援策が受けられる。
となっています。

支援策の内容ですが、目玉は、計画に基づいて導入した固定資産の
「固定資産税の軽減措置」(3年間半減)
となっています。その他金融支援(低利融資や債務保証枠増加)があります。

要は、設備投資が見込まれる事業に対しての後押し支援策といったものです。

あわせて、同日に「ものづくり補助金」の二次公募事前予告が発表となりました。
正式公募前ではありますが、「中小企業等経営強化法」に基づく経営力向上計画の認定企業は、加点評価が受けられることが明記されています。
それによって新しい法律の認知向上を図りたいといった狙いでしょう。

いずれも認定支援機関としてのサポートが期待されています。
興味ある方は、ぜひ、お問合せください。